近年、注目度上昇のジビエとは?

  • URLをコピーしました!

この記事では、「ジビエって具体的にどんなお肉を指すのか?」がわかります。

ここ数年の間でさまざまなメディアで取り上げられるようになった「ジビエ」という言葉。一般的に流通している牛肉や豚肉などとは異なる種類のお肉です。
では、ジビエとは具体的にどのようなお肉のことを指すのでしょうか?今回はジビエの基本などをまとめましたので解説します。

ジビエとは?

ジビエとは狩猟で得た自然(天然)の野生の獣や鳥の食肉を意味する言葉です。ちなみにジビエという言葉はフランス語です。日本人は野生獣鳥と聞くと、例え食肉用でも「ムリ」「野生特有の臭みがありそう」といった感情を抱くことが少なくありません。

しかし、ヨーロッパのジビエ料理は古くから貴族の伝統料理として知られてきました。昔のフランスなどでは、ジビエを使った料理は自分の領地で狩猟ができる上級階級の貴族のみしか口にすることができませんでした。

ヨーロッパにはこのような背景があるため、フランスの料理界などではジビエが高級食材として扱われています。また、ジビエは野生獣鳥の命を奪う行為を伴うため、ヨーロッパでは肉はもちろんのこと内臓、骨、血液などすべての部位を使うという特徴もあります。これはすべての部位を使うことで「生命に感謝する」という意思を示すというものです。山を駆け巡り、大空を自由に舞った天然の肉は脂肪分が少なく、身が引き締まっています。栄養価も高いため、「森からのプレゼント」と表現する方も少なくありません。日本で狩猟を行う場合は法律で定められた狩猟期間を守る必要があります。以下は鳥獣保護管理法によって定められた狩猟期間となります。

北海道以外の区域毎年11月15日~翌年2月15日(猟区内 毎年10月15日~翌年3月15日)
北海道毎年10月1日~翌年1月31日(猟区内 毎年9月15日~翌年2月末日)
鳥獣保護管理法によって定められた狩猟期間

■ジビエの種類

1 2 3
目次